About Hashiya
屋形船はしやについて

東京港周遊コース
Tokyo Bay Cruises

昼間も夜景も見所満載
変わりゆく東京を船上からお楽しみください

周遊コース
Cruise Couse

昼間も夜景も見所満載
東京港クルージング 船上からの眺めをお楽しみください
東京港・お台場コース
レインボーブリッジをくぐり、海上からお台場を望みます。
いつもとは違った東京の景観をお楽しみいただけます。
  • はしや
  • レインボーブリッジ
  • 約20分
  • お台場海浜公園周辺にて停泊
    (停泊:約80分)
  • 約20分
  • 勝どき橋周辺
    (晴海客船ターミナル、東京タワー)
  • 約45分
  • はしや
  • ※東京スカイツリーをご覧いただける中央大橋付近までのコースアレンジもご相談ください。
隅田川・東京スカイツリーコース
お花見シーズンなど
隅田川にかかる多彩な橋と東京スカイツリーの景観を満喫いただけます。
青空のもと川面から眺める東京下町の景色もお勧めです。
  • 往路
    上流に向かうに連れ、右前方に見える東京スカイツリーがどんどん大きな姿に。
  • はしや
  • 勝どき橋周辺
    (晴海客船ターミナル、東京タワー)
  • 約20分
  • 隅田川
    (佃大橋〜中央大橋)
  • 約20分
  • 言問橋
    (東京スカイツリーの望めるエリアにて停泊
    :約40分)
  • 東京スカイツリーの
    ビューポイント
  • 勝どき橋の下流側
  • 佃大橋(つくだおおはし)と
    清洲橋(きよすばし)間の水域
  • 復路
    永代橋や東京タワーのライトアップは、どこかほっとした気分になります。
  • 吾妻橋
  • 永代橋
  • 勝どき橋
  • はしや
屋形船 東京周遊コース概略のご説明です。
出港・帰港は全て当店となります。

リーフレットダウンロード
Downloaf
プリント用PDFファイル

東京港の見所
What to see in Tokyo Bay

おすすめの見所たくさん
東京港の見所
東京スカイツリー
2012年5月22日にオープンした全高634mの自立式鉄塔としては世界第一位の建造物。
各種資料にあることをここに書き綴ってもなぁと思いながら・・・余談を少々。
手前味噌ではございますが、当店屋形船に乗りながら、頭目になるとは言え、東京スカイツリーに東京タワーがご覧いただけます。もちろんレインボーブリッジもお台場も・・・。

日本の未来を背負った建物に私自身も行って観て触れてきたいと思っています。そしてきっと将来「東京スカイツリー」にまつわる人間の機微を題材とした映画が上映されることでしょう。「東京タワー」もそうであったように。
Tokyo Skytree
It is the world’s tallest free-standing broadcasting tower reaching its full height of 634 meters, which was opened to the public on May 22, 2012.
Both Tokyo Skytree and Tokyo Tower present breathtaking views from our boat. Needless to say, you can also see the Rainbow Bridge and Odaiba...
I personally would like to visit these magnificent buildings which are bearing the future of Japan myself. And I’m sure that they will release a movie based on people surrounding the Tokyo Skytree and their sensitivities, just like the Tokyo Tower.
築地市場・築地場外市場
魚河岸(うおがし)・やっちゃ場で知られる築地市場。
今後の成り行きだけではなく、観光地としても世界的に注目されているエリアです。訪日外国人の方々の往来も日ごとに増しています。移転問題については早期決着は勿論の事、安心できる決着を望みたいところです。
(2017年6月現在)
Tsukiji Market
It is known for “Uogashi” or a riverside fish market and “Yacchaba” or a fruit and vegetable market.
The Tsukiji Market is the area that is attracting world-wide attention not only for its future development but also as a tourist attraction.
The number of foreign visitors is increasing day by day. As for the issue of its relocation, I wish for a swift safe conclusion.
(As of June 2017)
デッキからの眺め/築地大橋
デッキからの眺め/築地大橋
築地市場
築地市場
勝どき橋(勝鬨橋)
名前の由来・・・明治38年、日露戦争の旅順陥落を祝って有志が「かちどきの渡し」という渡し船の施設を作ったのが由来です。つまり勝負に勝ったときにあげるあの「かちどき」です。橋自体は昭和8年着工、昭和15年に完成しました。そしてこの橋には「大きな仕掛」があります。今でこそ見られなくなりましたが、全長約250mのうち、両側22mが跳ね上がり、下を流れている隅田川を大型船も通行できていたのです。つまり重要な水路の確保のため昭和43年までは、一日5回20分ずつ開いていたようです。しかしその後交通渋滞問題などで二度と開くことはなくなりました。古き良き時代の記憶と共に。
Kachidokibashi Bridge
The origin of its name ? It is dated back to 1905 when a group of volunteers built a facility for ferryboats to celebrate the fall of Port Arthur during the Russo-Japanese War. In other words, it is derived from “Kachidoki” or a shout of victory. The bridge itself was started building in 1933 and completed in 1940. And this bridge has a significant mechanism. We don’t see it anymore, but 22 meters of each end out of 250 meter in its total length used to lift up so that larger ships were able to cruise on Sumidagawa River. Up until 1968, the bridge ends were lifted up for 20 minutes 5 times a day in order to secure the important water channel. However, due to the traffic congestion problems, the bridge no longer lifts its ends. With the memories of the good old days...
勝どき橋
勝どき橋
隅田川下流側から勝鬨橋を通過し上流方面を望む
レインボーブリッジ
平成5年に開通。都心と開発進む臨海副都心を結ぶ吊り橋。「東京港連絡橋」というお堅い名前が正式名称です。
毎年年末に行われている虹色のライトアップや東京五輪招致祈願・ピンクリボン運動などなど、特別なライトアップも年間通して行われております。当店屋形船はレインボーブリッジを真上に見ながらお台場海浜公園水域へ針路を取ります。
Rainbow Bridge
This bridge was opened to traffic in 1993. This suspension bridge connects the city center and the new Tokyo waterfront subcenter which is quickly developing. Its official name is “Tokyo Bay Connecting Bridge”. It sounds so rigid, doesn’t it?
Its illumination changes in color depending on events throughout a year in addition to its regular illumination. These special events include its “annual year-end special light-up” event where the bridge illuminates in rainbow colors, the pray for a successful bid to host the Olympic Games, Pink Ribbon Campaign, etc. While looking directly up at the rainbow bridge, our Yakatabune boats navigate towards the Odaiba Seaside Park waters.
お台場/レインボーブリッジ夜景
お台場/レインボーブリッジ夜景
お台場(第三台場・第六台場)
台場と言えば昭和初期から市民に開放されている台場公園のある第三台場と野鳥・植物の宝庫として学術的にも貴重な存在の第六台場(保全の為、立入禁止)が現存しています。
昭和54年に13号埋立地完成によって第三台場と陸続きになりお台場という名称が世に定着。今や東京を代表する一大観光スポットになりました。
屋形船はこのエリアのお台場海浜公園内水域で一時錨泊するコースが定番です。
Odaiba (Daisan-daiba / Dairoku-daiba)
Speaking of Daiba, there are Daisan-daiba or “No.3 Battery” which has been opened to the public as the Daiba Park from the early Showa period and Dairoku-daiba or “No.6 Battery” (currently a restricted area due to its preservation) which is an academically valuable reservoir of wild birds and plant life.
In 1979 with the completion of the land reclamation, No.13 was directly connected to the Daisan-daiba, and became established as Odaiba in the community. It is now one of the major tourist attractions in Tokyo.
Our Yakatabune boat gets anchored for a time, so you can experience the beautiful view from the Odaiba Seaside Park waters.
[動画]お台場海浜公園からレインボーブリッジ
[動画]お台場海浜公園 フジテレビ社屋 自由の女神
竹芝ふ頭・竹芝桟橋
伊豆諸島・小笠原諸島への定期船発着地点です。
近年時速80kmで運行する「ジェットフォイル」就航で伊豆諸島への利便性が格段にあがりました。夕方の時間帯は滑走するジェットフォイルと当店屋形船もすれ違います。
Takeshiba-Futo / Takeshiba Pier
This is the gateway for liners to the Izu and Ogasawara Islands. It has become significantly more convenient to reach the Izu Islands since “Jetfoil” ships, which can sail at 80km/h, became in service in recent years. If you take one of our evening Yakatabune cruises, you can see a jetfoil ship passing by from our boat.
竹芝ふ頭
竹芝ふ頭
[動画]浜崎橋から竹芝桟橋隅田川河口付近
晴海ふ頭・晴海客船ターミナル
東京港開港50周年を記念し、1991年(平成3年)に作られました。
目印は赤い三角屋根。毎年豪華で巨大なクルーズ客船が寄港します。
Harumi-Futo / Harumi Passenger Ship Terminal
This was built in 1991 to celebrate the 50th anniversary of the opening of Tokyo Port. Its landmark is a red triangle roof. Several luxurious large cruise ships stop here every year.
豊洲市場
(2017年3月現在) 報道その他でご承知のとおりです・・・・。
Toyosu Market
It is as is covered in the recent news. (As of March 2017)
[動画]船上から豊洲方面を望む